Print Friendly and PDF

2016年01月04日

IF "Predictive Programming" is applied...

...ところで,あの 映画のあちこちに前もって起こる(起こ「す」?)べき大事件や世界・社会の変化や開発されていく科学の新境地等々〜をちりばめておいてある奴を "Predictive Programming" と呼ぶらしいです。 

[DELETED]
"Midnight Express" の[DELETED]ヘイズが、鍵束を投げてもらえて恐る恐る脱出しますよね。それを取り上げ、外界への扉を開けるあのシーンです。メイン・テーマが 流れ始め、次にカメラが外側から、出てくるウィリアム・ヘイズの、解放の瞬間の眩しい表情を捉えるシーンです。外界の空気を吸い込むその慎重な一息を胸一杯に追体験できる場面です。ところで、この名画がしばしばクリスチャンの間でも、福音を象徴[=示唆]して作られている筈だと言う話にしばしばなる映画なのですが、
   この開けた扉の外側に、うっすらと、レリックとして知られている(あの布に染みた面長のキリストの顔の影(跡)とされている[下記参照]あの顔)とそっくりの陰影がサブリミナルに使われていないでしょうか??。..[DELETED]


...ヘイズが紅海やヨルダン川ならず、トルコ国境を亘り、ギリシャへ出られたのは、1075年10月4日だそうです。
Hayes4thOct.JPG
[DELETED](どのYoutubeか判らなくなりましたが、その方の分析からRaptureと関係ある日付だったようだったので。)

しかも、『夜』の事です、紅海をわたった時のように、また主が来られるという夜中のように...

[10:06-ish] 追記:ついでにここで書いておこうと思うのですが、例えば、このシーンがRaptureの隠喩とします。
ノアの洪水についてTheBook Of Jasherに記されているところでは、洪水の間、方舟の中では、楽チンだったのではなく嵐に打たれていて、方舟の片方に連れて来た動物が全員打ちつけられてひとかたまりになる等、大変で、ノアは神様にやっと泣き叫んで、やっと聞き入れられたところで外の大嵐が治まったようなのです。で、以前書いたダニエルのライオンの穴の件や、シャデラク・メシャク・アベネデゴの火の牢獄なども考慮に入れると、K挙があるとしても、ヘイズやのノアやダニエルやシャデラク・メシャク・アベネデゴのように、迫害などのなかでも信仰を守って「やっと」ではないでしょうか?では。

[5Jan2016 15:43追加]:  "Relics Associated with Jesus" (Wiki)


HayesGrailAdd1.jpgTurin_plasch.jpg




[DELETED] 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック