Print Friendly and PDF

2016年01月04日

執拗な「成り済まし[なりすまし]風」未だあります


[2016-01-05 23:14-ish]校正=この色。 [2016-02-23]校正部分を黒に戻しました。

   先程の記事はさておき、(サウンド・トラックが個人的に気に入っている名画にただ勝手にこじつけてみているだけです)
   わざわざ書いた方が矢張り良いのではないかと思っているところなので、再度明記しておきますが、

   私は、自分のブログ以外にはどこにも書いておりません。
   今日新たに、さっきのヤツと、『コピペできる聖書サイト』にヨブ記の一部を出して置いた二件です。

   今まで一々このようにして明記するにあたって、しばしば「自分のHNの一部を利用して、読者に私ではないだろうかと勘繰らせる」為にされてきていた方法など、よく触れてきましたが、だからと言って、
普通に判っていただけているとは思いますが、だからと言って、べつにHNではないところの『名無し』等と言われるの「なら」書いている、とでもだまくらかそうとしてしているのか、最近は、名無しとして、あたかも私が、卑劣に陰湿に陰険に、名無しと言われる形で、
意地&性格の悪い、陰湿な、呪いのような事を書きにでも行っていると誤解させる形式を数度にわたって発見しています。
  HN無しの、名無しで、突如調子の狂った=『酷く浮いた』態度と言うか文体をとる中に、私ではないかと思わせる内容を挿入して書いている手法が年末年始あたりに「も」、過去にも多かったよう、多く見つかりました。

  掲示板その他自分のところ(BLOG)以外には一切書いておりません(!)。

  成り済ましが私を演じると、私の性格や雰囲気ではなく、何というか、ネチネチ陰湿で暗くてえないナヨナヨの病的なイメージを装う傾向がありますね。人に私の事をそう思わせたくてやるのでしょうが。
 兎に角、一緒に居たくなくなるような暗くて病的なグレーなイメージを演出します。私は、全くグレーっぽくありません...グレーの服やコートはよく着ますが。 あのネチネチグレーな感じに注意を呼び掛けると、次はまた別の厭な感じや手法を演じるのでしょうか...。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック