Print Friendly and PDF

2017年02月23日

私の別のBLOGの更新記事二件

    最近『編集して再公開』した記事と先ほど他のブログ(『Away from "***"』)にて出した記事[このブログに出すには余談・雑談的過ぎるのでAway from "***"に出していたもの]があるのですが、...
   ...ところで, どうも間違いなく私のブログ更新に合わせて掲示板などで荒らし問題が再発し問題化され始め書き込みが活発化する場所や、紛らわしい書き込みがいきなり増える傾向にある掲示板などがあるようで、内容の部分部分には、私の更新ブログ内容と一致するオウム返し的なものを含め、紛らわしい書き込みが増えて居ましたので、
騙されやすい人が読めば、私がそういうところに居るかのように思わせかねないものや、
こちらのブログ更新と毎度タイミングが合うので、どちらも読んでいる方々だと、そうしたものと私が関連づけられてしまい兼ねず、迷惑しています。
が、いちいちそれを気にし続ける方でもないの忘れてまた今日更新したところ、矢張りありましたので、あえてAway ...よりメインなのでアクセス数の高いこのブログにも、上記のブログへのこれらの更新記事を出しておいて、より誰にでもはっきり判断出来るようにしておきます。
    一つ目は、2016年08月07日に最初出し、書き直しを予定して非公開にし、そのままだった『外国語が「CDを聞くだけ」で身につくわけがない件』で、今月の16日に書き直しを加えて再公開記事にしたもの。二つ目は、先ほど(23日07:57付けで)書いた『My version of "Against Flat Earth Belief" Explanation』です。【二つ目は、画像のせいでブログページ構造自体が狂うので、省きます。Away from "***"で確認できます。】



2016年08月07日

[再編集部分あり on 16,Feb.,2017(AM)]

  去年あたりから、頻繁に、ただ、英語のCDを流していたり、聞いているだけで英語が身に付く、という話を目にするようになりましたが、
そんなわけないでしょ、と一言言うためだけの記事。

   私は、殆ど一日中何時でも英語の情報を聞いていますが、(インターネットに繋がって居ればYoutubeやその他の報道やラジオ番組などですが、ここに 張り付いても居られないので、CDにして(原始的なので,アイポッドなどを使って居ない)(車にはカセットとCDの『-というか『隙間』しか無い!)(まだスマートフォンを使わないと決めている)、部屋を変えたりオフラインで動いたり運転中でも聞けるようにしていますが、そうしているのは、大事な情報などがたまに何時間も聞いている中に挿入されていたり、または、何でもそうですが、続けて何時間も続く講義などを聞いていると、一度で全てに気がつかず、取ったノートや聞き直して後からハッと驚くことも多いので、そのようなReviewの為に聞き直すためであったり、時間を(これでもそのように考えて暮らしている)無駄にしたくないので、情報用にそうしているのです。。。。

   私の場合の説明で行くと、「それを聞いているだけで何々(ニュースなど?)を聞き取れるようになって主人に凄いと言われた!」などのCMがありますが、その方の場合は知りませんが、もともと知らない単語や表現の意味などは、たとえ聞き取れてもいきなり意味が解るようになるわけでもないですし、文法を知らなければ出鱈目な解釈に終わり兼ねないし、母国語でも同じように、自分や親しい人物の言い慣れた崩し方なら聞き終わる前に解っても、常に聞き取れるように話しているわけではないわけですから、(だから聞き取りテストには、変な訛りの人の声や、咳き込んで話すもの、騒音の中のものなど、あらゆる条件のものが出題されているわけですので、)単語の意味合いどころか、言い方自体が、知って居ないと解らない言い回しや、机上で学んでも身につかないような現実の言い方をいきなりCDで判るようになるという事花井筈はない筈。
    オーディオををただかけ流したり、そのまま寝ても、何にもならないと思っています。特に、寝てしまうと意味が入って来ませんので。母国語でさえ、側で人が話していても聞いていないものは聞いていないのと同様に、寝ているときに幾らかけていても、それは音ではあっても意味など窓の外ですので、学習にはなっていないはずですが。私は、上記のような情報用の理由で作ったCDなどを、聞くつもりでかけておきながら直ぐ寝込んでしまって「シマッタ!」と思う繰り返 しですが、寝てしまったら聞きそびれた訳ですよね。日本語の情報をかけて寝込んでしまっておいて、起きた時に、「CDのおかげで寝ている間にかけていたものが分るようになった!」ということは無いと思います。

例:
Mr.C :  「Bちゃんにあのこと伝えておいてれた?」
Ms.D : 「うん、Bが熟睡中に聞かせておいた!」
Mr.C :  「どうもありがとう!!!」

   言語習得の話をすれば、実際にその言葉でしかサバイバル出来ないような状況に身を起き続ける、等がよいと思うのですよね。あとよく専門の方々のおっしゃるとおり、自分で発音できるようになれば聞き分けやすくなると言うのも本当だと思いますが、聞き取れても意味の分らない表現(単語でも連語でも,何となくの地域的な慣用表現でも)だと、知らなければその聞きにくい部分を脳が天然でオートコンプリートしてくれませんし、文法を知らないと誤解するし、で、やはり、こつこつと積み上げるしかないと思いますけどね。  出来ている人ほどそう言うと思いますけどね。
   私の場合13年ぽっち位あっちに日本人とひっ付いていない状態で住んで居ましたが、実際の生活体験(親しい関係や必要が出るので)が最も身につくんではないでしょうか
  経験では、誰でも、普通約半年目くらいには皆、夢が徐々にその地の言葉になって来るみたいですね。あとは、私の経験だとずっと夢に出て来る日本人まで(親とか)英語で喋ってきますので、要は、最終的には『意味』だけ,ザマス。(もう考えるのだけでなくて感じるのも何もかもその言語になります。)(日本語だけの人の夢も、外人が出て来れば意味が大事な場合は日本語で話しているのではないでしょうか?)
   あと、ついでに『意味』について言うと、私たちが生涯『国語辞典』や『広辞苑』を手放さないのと同じように(無くてもいいがあった方が良い、の意。)、ネーチブも辞書やセサールスが必要になったりするのも、みんな同じです。



posted by Wanted-Sheep-Found at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | New Entry! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック